愛車サニーで韓国を一人旅してきました。その時の一部をご紹介します。

日程:大阪→下関→釜山→大邱→大田→安城→ソウル→春川→束草→安東→慶州→釜山→下関→大阪

ダットサンサニー、PB310 昭和56年式  OHV 1500cc SGX-E  走行320000km 私はかれこれ25年以上この車に乗っています。スノコのオイルでエンジンはいつも絶好調である事を証明し続けています!出発にあたって軽く整備をしました。と言ってもオイル交換、ホイールバランス、ファンベルト調整程度です。後輪は少し直径の大きなタイヤを装着しました。あとスペアパーツ少々、修理道具等少し持参しました。途中で故障したらパーツは絶対に入手できないでしょう!けどまあ普段から整備は完璧・・?ですから。大阪南港からもフェリーは就航しているのですが運賃の安い下関から搭乗する事にしました。これは下関の自動車輸出検査場に入る所です。自家用車での出国は行きも帰りも私の車1台だけです。・・おっ!ボディの錆びが痛々しいです。

 

 

 国際フェリー内部の様子。日本のトラック、韓国のトラック(主に鮮魚・コンテナ)ばかりです。サニーを見て船員さんに「この車はなんですか、スカイライン?ブルーバード?」と聞かれました。意外と知らないんですね。サニー・・・・

 

 フェリー船内。公衆電話は日本と韓国のものが並んでいます。さすが国際フェリーです。船内ではビールが安く飲めました。免税価格でしょうか!

 

 2等船内の様子。まあこれは国内フェリーの2等と同じ感じです。お客さんは韓国人がだんぜん多いです。

午後6時頃出発です。航行時間は距離が短いので少ないのですが翌朝8時まで釜山港の沖で停泊しています。

翌朝、一般のお客さんは船の出口で並んでいますが私は係りの人に先導されて狭い通路を経由して自家用車の所へと行きます。

 

 

 翌朝フェリーのゲートが開きました。そこは大韓民国・釜山です。もちろん自家用車での海外旅行は初めて!パックツアーの様に次はこれをして・・とか、いちいち教えてくれる人はいません、全部自分で事を進めなければなりません。愛車サニー・・・走ってくれるのか、一抹の不安を感じました。

 

韓国の入国検査です。思っていたほど隅々までは調べられませんでした。手荷物、自動車の修理道具等は左に見える別室にベルトコンベアーで運ばれて検査。韓国は特例で日本のナンバープレートのままで走行できます。ここで韓国の自動車保険に加入します。日本の自賠責保険証と大きさ・書式がなんとなく似ています!国際運転免許証と国土交通省発行の英語で書かれた自動車の登録証も提出します。これから乗りなれた自分の車で外国を走るんだ!自分に言い聞かせて運転に備えた。30分ほどで韓国への自家用車輸入完了!

 

無事通関後晴れて〈外は雨ですが)韓国のドライブへ出発!右下にある黄色い紙は韓国国内の運行許可証です。ここから右側通行ですが、特に走りにくくはありませんでした。前の黄色いナンバーは軽自動車ではなくタクシーです。そうです営業ナンバーが黄色なのです。

 

 高速道路。このゲートは日本で言うETCでしょうか? Hi-pass と書いてあります。日本は20km以下での進入ですがこちらでは30km。通行している車は少なかったです。まあ通行券を取って普通に走っても通行料はとても安いです。数時間数百キロ走っても日本円で数百円ほどです。

 

高速道路のフュゲソ・休憩所(サービスエリア)です。日本とほぼ同じ雰囲気でした。韓国車は自家用車が緑ナンバーです。最近白いナンバーもできたようです。

 

 

 

高速道路の通行券です。ETCの発達で日本では見かけなくなりましたが、驚くほど日本の通行券と似ています。「コソクドロ ドンヘンケン」←合ってる?と真ん中に書いてあります。

 

ソウル市内明洞(ミョンドン)の繁華街です。ここはいつ来てもにぎやかで楽しい所です。日本車が珍しいのか写真をよく撮られました。韓国人で日本語(漢字)が読める人は「大阪から来たのか?よく来たね」と言って感心していました。ここで少し両替をしました。銀行よりも両替屋さんの方がレートがいいです。本場の石焼ビビンバを食べました。絶品!!マシッソヨ!

韓国のパトカー。あちらこちらで見かけました。後ろに付かれてしばらく追跡されましたが制止は求められんでした。車種はわかりません。

 

仁寺洞(インサドン)・僕はここが大好きです。ソウルに来たときは必ず立ち寄ります。ここは町並みがいい感じで民芸品、伝統のお菓子屋など色々な店が並んでいます。あと、ハングルで書かれた看板のスターバックスコーヒーがあります。通常この店は英語表記ですがインサドンのイメージを損なわないよう配慮しているらしい。進入禁止の看板あり!土曜日、日曜日と時間が書いてあります。よくわからなかったのですがみんな走っていたので僕も進入しました。

 

 

 

韓国西北部の統一展望台です。川を挟んで手前が韓国、向こう側が北朝鮮です。手前にある建物は韓国軍の警備の監視台でいつでも見張っています。ひとつの国が分断されているのですから・・・考えさせられる所です。韓国では北朝鮮の事を北韓、と表現していました。北朝鮮では韓国の事を南朝鮮、と表現するみたいです。

このトンネルは北が攻めてきたら爆破して崩し、敵国の進入を阻止する目的で作ってあるらしい。ここから15分ほど走ったら北朝鮮との国境です。ソウルとも近い所です。KUMHOタイヤの宣伝・・・

 

板門店の内部の様子。韓国軍の兵隊さんを境に左が韓国、右が北朝鮮です。この建物の中は「南北」を自由に行き来できます。

韓国軍の施設の前で写真撮影!この後、銃を持った兵士ににらまれました・・結構怖かったです。すぐにこの場を立ち去りました。

 

ガソリンスタンドで給油中。レギュラーと軽油しかありません。ハイオク車はどうするのでしょうか?レクサスなども走っていましたよ・・・

 

レクサス発見!日本車は高級車らしい。どんな人が乗っているのでしょうか?

ガソリンスタンドの看板。一番上がフェバリュ(ガソリン)です。次がキョンユ(軽油)、最後がトンユ(灯油)。←合ってる? 下2段はカード会員価格でしょうか?40ウォンほど安くなっています。  ん〜、やはりハイオクは無いのか?

日本から持っていったカーナビです。もちろんデーターが入っていないので道路は表示されませんがどちらの方角に走行しているか、北緯、東経はしっかりと表示されます。結構役に立ちました。これは北緯38度を超えた時に写真を撮ったものです。釜山あたりを走行しているとカーナビにははるか彼方に日本列島が見え隠れします。ディスプレィでは海上を走行しているようにしか表示されません。(チュンチョンからソクチョへ向かう途中)

 

朝鮮半島の東側、日本海(東海)に出ました。10数年ほど前に北朝鮮の潜水艦が韓国海域に侵入し、魚網に引っかかり走行不能になった潜水艦が展示してありました。中も見学できました。かなり狭かったです。日本製の無線機(多分アイコム製)が搭載されていました。

 

踏み切りの通過。本当は一旦停止なのでしょうがだれも止まりませんし徐行もしていませんでした。(前方の車のストップランプは点灯していませんね)止まると追突されそうだったので・・僕もそのまま通過!(^ー^;

 

道路が渋滞すると物売りのおばちゃんが食料品を売りにきます。手に持っているのは茹でたとうもろこしだと思います。思い出に買っておけばよかったかな?アマチュア無線を搭載していましたのでメインチャンネルを傍受しながら走行しました。たまにCQが出ていました。QSOはしませんでしたが。

 

日本のアルトと同じ韓国車。車名はTICOと書いてあったと思います。他にもパジェロ・キャリー・デボネア・ベンツと同じ(そっくり)車もみかけました。韓国車がほとんどであとドイツ車。わずかながら日本車も走っていました。仕事柄タイヤにはひかれるものがあります。KUMHO(錦湖と書きます)が多かった様な気がします。もちろんハンコック、ネクセンもあったかと思います。

HYUNDAI(現代)のGALLOPER?・日本ではもちろん「パジェロ」

 

 

韓国の道路はUターン可の場所がとても多いです。道路標示もこんな具合。左折禁止場所も多いです。韓国では赤信号でも右折は常時可能です。

 

韓国版道路公団の車両か?しばらく並行して走りました。(ソウルに向かう高速道路にて)

 

 大田(テジョン)インターチェンジ。今晩の宿泊都市です。

 

大田での宿泊場所・・まあビジネスホテルでしょうか?結構綺麗なホテルでした。宿泊料金は日本円で3000円ほどでした!

 

高速道路サービスエリア内の様子です。どこでも食べるものは充実していました。キムチは大体の食事についてきます。

キムチラーメン(キムチ入りラーメン)を食べましたが別口で小皿にはキムチが添えられていました。キムチ三昧!!(安東市の少し北側)

韓国のナンバープレート。車種はヒュンダイのソナタ、タクシーです。「プサン 37 パ 8641」と表記してあります。日本の番号と配列がそっくり。封印もあります。余談ですが、韓国では一人でタクシーに乗車する時は助手席に乗る方が結構おられるみたいです。実際に見ました。日本の様に運転手さんが操作する自動ドアーは付いていません。

 

 釜山市広安大橋をバックに・・・愛車サニー この後橋を走ってみました。確か料金はW1000。海上から見る釜山もきれいでした。橋を渡りきった所で警察が違反車の取り締まりをしていました。多分進路変更禁止違反だとおもいます。僕は何ら違反をしていないのでそのまま通過!けど一度は警察に止められて「免許証拝見」って言われてみたかったです。

 

 

釜山市内ですしを食べました。まあ日本のすしとほぼ同じです。これだけ食べて400円弱。円高の影響もありがたいです。

釜山国際ターミナルへ帰ってきました!帰国のための手続き・・韓国ともお別れ!緑の柵の中は自家用車での旅行者のみ立ち入りが出来ます。もちろんパスポート提出、車両検査は行わなければなりません。

てすりに□□□□下さい・・・?

正解です♪  先日訪韓した時には直っていました。

 

 釜山の夜景。釜山タワーもライトアップされています。停泊中のフェリーから撮影。本当きれいでした。

 

 

 

翌朝下関に帰ってきました。これから大阪に向けて帰ります。愛車サニー・・韓国一周ごくろうさまでした!

最後に・・・

一番近い外国、大韓民国。少しのやる気と勇気・根性でありきたりの旅行では決して経験する事の出来ないすばらしい体験ができました。愛車サニーもよく走ってくれました。突然ホテルに駆け込んで行って「イルバクオルマエヨ?」(一泊いくらですか?値段交渉も含めてですが)とよく言いました。田舎では宿を探すのに苦労しました。おなかが空いてもハングルの看板が十分に読めなくて結局コンビニでおにぎり・・のパターンもありました。ガソリンはどうやって入れるの?まあこれは簡単で「フェバリュジュセヨ」(ガソリンください)で通じました。今回の旅行でハングルも自分なりには読めるようになったと思います。と言うか読めないと何もできませんでした。道に迷うことはありましたが大体は予定通りに行動できてよかったです。次回はもっと事前の計画を立てて行きたいと考えています。また行くよ!韓国。

HOME

Copyright 2007-2019 Sunny Auto Service. All rights reserved